市場レポート

在日ドイツ商工会議所は、ドイツ語、英語、日本語の市場レポートを発行しています。無料ダウンロードできる資料もございます。

在日ドイツ企業景況調査:日本におけるドイツビジネス 2017(日本語版)

在日ドイツ商工会議所は、第2 回在日ドイツ企業景況調査のために、2017 年2月にドイツ企業397 社にアンケート調査を行った。そのうち106 社から回答を得、回答率は27% だった。

日本国内のドイツ企業は、中小企業が大きな割合を占める。調査した企業の37% が従業員数10 人以下であり、34%が50 人以下である。500 人以上の従業員を擁する企業は全体の約3% だった。

詳細はこちらから...

在日ドイツ企業景況調査:日本におけるドイツビジネス 2016(日本語版)

2016年2月に在日ドイツ企業348社を対象とした景況調査を、ドイツ貿易・投資振興機関(Germany Trade and Invest)の協力の下実施しました。その調査結果についての報告書となります。この調査により、大多数の在日ドイツ企業が、好調な業績と安定した成長を維持していることが明らかになりました。

この調査は、2016年2月に実施されたオンライン調査に基づきます。調査対象は、日本国内のドイツ企業348社のトップマネージメントです。回答数は94社、回答率は27%でした。

詳細はこちらから...

日本のE-モビリティ 2014(ドイツ語)

日本はE-モビリティを世界的にリードする最先端の市場です。当書では、日本のE-モビリティ分野における技術開発と革新の達成だけでなく、E-モバイルシステムの発展に関連するビジネス、政治的、社会的状況についても調査しました。

本調査では、日本経済がグローバル化を進めた結果、経済が悪化していく過程に特に重点を置いています。当書の目的の一つは、中小企業の協力と貿易関係の発展のためのビジネスの機会と展望を明らかにすることです。

詳細はこちらから...

 

日本の菓子類市場(ドイツ語)

日本の菓子類市場は、ここ数年大きな動きを見せずも2010年に128億ユーロという巨大な販売高を成し遂げることができました。

在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)による本研究レポートは日本の菓子市場の現状を紹介します。市場・輸入トレンド、また同市場のチャンスとチャレンジを分かりやすく説明し、輸入規則および日本のターゲットグループについての情報を提供します。  詳細はこちらから...

日本のワイン市場(ドイツ語)

2009年度、日本のワイン市場の販売高は1711億円(約13.1億ユーロ)となりました。日本のワイン生産の規模は非常に小さく、海外からの輸入は市場の約7割を占めています。結果として、日本は世界中の最も重要かつ利益の高い輸入ワイン市場の一つとなります。

 

在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)による本研究レポートは日本のワイン市場の現状を紹介します。市場・輸入トレンド、また同市場のチャンスとチャレンジを分かりやすく説明し、輸入規則および日本のターゲットグループについての情報を提供します。  詳細はこちらから...

 

日本の飲料市場(ドイツ語)

日本の飲料セクターは、9.2兆円に及ぶ販売高で世界の最も重大かつ魅力のある市場の一つです。その一方、非常に熟成した市場だけに、さらなる成長は限られて競争は激しいものです。

在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)による本研究レポートは日本の飲料市場における9のセグメントの現状を紹介します。市場・輸入トレンド、また同市場のチャンスとチャレンジを分かりやすく説明し、輸入規則および日本のターゲットグループについての情報を提供します。 詳細はこちらから...

日本の乳製品市場(ドイツ語)

日本の乳製品の消費は、2009年に598トンに及ぼし、依然として販売量の高い市場です。一方、さらなる大きな成長は予測されていません。特に、飲料用牛乳の消費は高齢化社会日本ではここ数年減少しています。一方、チーズやヨーグルト等を初めとする加工食品の消費は上昇しています。 

詳細はこちらから...

日本の肉・肉製品市場(ドイツ語)

2008年の輸入額が8790億円に達し、日本は世界で最も重大な肉・肉製品の市場の一つです。

現在のいくつかの輸入規制・禁止にもかかわらず、日本の肉の市場の分析が価値があります。特に、一流でオリジナルな製品において、ドイツ産の肉は極めて好評です。したがって、特にプレミアムセグメントで高い値段を実現できると考えられます。 詳細はこちらから...

日本のシルバービジネス (ドイツ語、英語)

 

日本における長期的な成功を目指しているドイツ企業は、日本の人口変動による多くの重要な問題に対応していかなければなりません。

在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)による本研究レポートは、日本で活動しているドイツ企業へのオンラインアンケートおよびインタービューに基づいています。 詳細はこちらから...

日本でのリストラクチャリング(ドイツ語、英語)

日本において、何が可能で、何が不可能か。海外企業は、いかに日本支店の効果的なリストラクチャリングを実現できるのでしょうか。本研究レポートはこれらの問いへの答えを提供します。 詳細はこちらから...

日本の建設産業・建築設備技術のエネルギー効率(ドイツ語)

資源小国日本は、他の工業国に比べても、大きく輸入に依存しています。エネルギー需要の約8割は、輸入されています。遅くとも70年代の石油危機以来、日本は、この状況を意識するようになり、多くの資金と努力を投資し、ガスや石炭、核エネルギーといった代替エネルギーや再生可能エネルギー分野の新しい技術開発を奨励しようとしています。 詳細はこちらから...

プレミアム市場、日本?(ドイツ語、英語)

日本には、高価格な市場というイメージが強くあります。市場参入やビジネス拡大の際に、高い費用が必要となり、また製品、品質、サービス等に対する規制が厳しいと考えられています。しかし、それにもかかわらず、プレミアムな価格帯や大きなマージンが実現できるというイメージもあります。 詳細はこちらから...

エキスパットvs.ローカル(ドイツ語)

在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)による、初の包括的な、人事に関する研究レポートです。焦点となるのは、海外企業の在日駐在員(エキスパット)です。本研究レポートの結果として、ドイツ企業の支店・子会社は、多くの場合、エキスパットの重役を頼りにしていることが分かりました。 詳細はこちらから...

イノベーション(ドイツ語)

ドイツ企業は、数十年前から、日本において、主に販売やサービス面で活躍しています。また、日本は、近年ドイツ産業の研究開発の拠点としても重要性を増してきます。 詳細はこちらから...