見本市日本代表部

在日ドイツ商工会議所は、シュピールヴァーレンメッセ日本代表部の業務を受託しています。

シュピールヴァーレンメッセ(Spielwarenmesse)

© Spielwarenmesse eG

毎年1月下旬から2月頭にかけて、ドイツ南部のニュルンベルクで開催されるシュピールヴァーレンメッセ(Spielwarenmesse)は、玩具、子供用品、ホビー関連商品、パーティー・カーニバル用品、スポーツ・レジャー用品の専門見本市で、質量ともに世界一を誇ります。このシュピールヴァーレンメッセを運営開催しているのは、見本市と同名のシュピールヴァーレンメッセ社(Spielwarenmesse eG)です。

同社は見本市を運営するほか、玩具をはじめ様々な消費財市場をマーケティングするサービス・プロバイダーです。シュピールヴァーレンメッセ以外にも、インド・ムンバイでキッズ・インディア(Kids India)、トルコ・イスタンブールでキッズ・ターキー(Kids Turkey)、そして、ニュルンベルクで文房具の専門見本市インサイツX(Insights-X)を主催運営しています。また、ドイツ国外で開催される玩具専門見本市にパビリオンでの共同出展を案内するプログラム、ワールド・オブ・トイズ(World of Toys by Spielwarenmesse eG)を展開しています。

シュピールヴァーレンメッセ社は世界90カ国以上に代表部を置いており、日本代表部は在日ドイツ商工会議所にあります。シュピールヴァーレンメッセ日本代表部では、上記の見本市に出展・来場する日本企業をあらゆる面でサポートしています。

開催見本市

シュピールヴァーレンメッセ(Spielwarenmesse)

1949年に始まった、世界最大規模を誇る専門見本市です。この見本市の名前は、ドイツ語でシュピールヴァーレン(Spielwaren)が玩具・おもちゃ、メッセ(messe)が見本市という意味に由来していますが、「玩具・おもちゃ」を幅広くとらえ、ベビー用品、スポーツ・レジャー用品、パーティー・カーニバル用品、雑貨・小物など、子供が触れるものを積極的に取り扱っています。

シュピールヴァーレンメッセには、有名ブランド、スタートアップ企業、業界大手や独立店のバイヤー、メディアなどが世界中から集結します。世界68カ国から2,900を超える出展社、世界130カ国から7万人を超える来場者が集まる、国際的なビジネスのプラットフォームです。

「世界一大きな子供部屋」であるシュピールヴァーレンメッセは、スピリット・オブ・プレイ(Spilit of Play)をモットーに今後も進化を続けます。

次回会期:2019年1月30日(水)~2月3日(日)

シュピールヴァーレンメッセウェブサイト

インサイツX(Insights-X)

文房具、紙製品、事務用品の専門見本市です。既存の見本市とは一線を画し、敢えてコンパクトな形態で開催されています。コンパクトな分クオリティの高さを追求し、ヨーロッパ市場を中心に、日本やその他特定国からの出展社・来場者を迎えて開催されます。ヨーロッパ市場や質を重視する企業にはぜひ訪れていただきたい見本市です。

インサイツXウェブサイト(英語)

ワールド・オブ・トイズ(World of Toys)

世界に目を転じれば、成長著しい各国の市場には国際ビジネスの相手としてポテンシャルがある企業が多数存在します。そのような企業を発掘するためには、そういった国々で開催される見本市に参加することが最善の方法といえます。

ワールド・オブ・トイズは、シュピールヴァーレンメッセ社が展開するパビリオンの名で、現在、キッズ・インディア、キッズ・ターキーのほか、ロシア・モスクワで開催されるキッズ・ロシア(Kids Russia)、香港で開催される香港玩具展(Hong Kong Toys & Games Fair)にも参加出展しています。単独一社では困難なことも、このパビリオン参加で実現できます。

ワールド・オブ・トイズウェブサイト(英語)