日独エネルギーパートナーシップ

日本とドイツは「再生可能エネルギー」と「エネルギー効率」というテーマにおいて、同様の課題に直面しています。在日ドイツ商工会議所は両国の専門家の対話を促進するため、ドイツ連邦経済エネルギー省と資源エネルギー庁によって設立された『日独エネルギーパートナーシップ』をサポートしています。専門家会議やシンポジウムの企画運営、市場評価やマーケットスタディーを通じ、エネルギー分野における両国の交流を促進しています。

© Flickr.com/Christian Reimer

日独エネルギーパートナーシップの目的

日独エネルギーパートナーシップは、両国のエネルギー政策や共同研究、試験的プロジェクトなどにおける定期的な交流を通じ、エネルギー転換を加速するための協力強化を目的としています。特に再生可能エネルギー分野の技術革新やデジタル化、系統の開発、水素利用に向けての協力が計画されています。

日本のエネルギー政策

日本のエネルギーセクターは、2011年以降国際社会から特に注目されています。福島第一原子力発電所事故を受け、政府により日本全国の原子力発電所が停止されました。その需要をカバーするため、エネルギー資源の輸入およびエネルギーの輸入依存度は著しく増加しました。エネルギー自給率はそれ以来約7%となっています。

日本政府の目標である、安定的、経済的、そしてより輸入依存から脱却したエネルギーミックスを実現するため、再生可能エネルギーの拡大とエネルギー効率の向上は、日本のエネルギー政策において大きな比重を占めています。加えてエネルギーインフラの整備と近代化、エネルギーセクターのデジタル化、急速に拡大する様々な再生可能エネルギーの市場とシステムの統合なども重要なテーマです。このように日本もドイツと同じような課題に直面しています。