在日ドイツ商工会議所について

在日ドイツ商工会議所は、1962年より企業の海外への市場参入や事業活動を支援しています。スタートアップ企業から伝統的な大企業まで、業種を問わず事業成功のための様々なサービスを提供し、会員制組織として国内最大の日独間ビジネスネットワークを有しています。また、対外貿易促進機関として日本とドイツ経済の架け橋として活動しています。

© iStock/kokouu

在日ドイツ商工会議所では約30名のスタッフ全てが3カ国語対応可能であるほか、日独経済界において幅広い人脈を有しています。貴社のより一層の発展のため、在日ドイツ商工会議所をぜひご活用ください。

在日ドイツ商工会議所の三つの役割

公的な対外貿易促進機関

在日ドイツ商工会議所は、日本においてドイツ対外貿易政策を促進する中核であり、ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi) より活動のための助成を受けています。幅広い広報活動や、ネットワークの構築および維持、在日ドイツ経済関連機関の支援や代弁を通じて両国間の経済関係を支えています。中でも企業支援を活動の柱としていますが、他にもドイツの立地プロモーションなど数々の業務を行っています。

サービス提供機関

在日ドイツ商工会議所は、幅広いサービスを「DEinternational」ブランドとして提供しています。経験豊富且つ三カ国語堪能なコンサルティングチームが、市場調査、事業設立、視察団旅行、イベント運営をお手伝いし、オフィス・イン・オフィス・ソリューションも展開しています。公的任務を遂行する非営利団体として、利害にとらわれない中立な立場で活動しており、サービス費用は実費ベースで算出しています。

会員制組織

在日ドイツ商工会議所は、従来、会員制組織でもあります。450社以上の企業が任意で加入しており、互いの経験談や情報交換の促進、ビジネスパートナー発掘のために、唯一の貴重なネットワークを築いています。他の欧州系商工会議所と共に協力し合いながら、日本の各関係組織に対し、会員企業の利益を追求しています。会員企業には「DEinternational」のサービスを優待価格にて提供しています。

グローバルネットワーク

在日ドイツ商工会議所は、92ヶ国に140拠点有する在外ドイツ商工会議所(略称:AHK)のグローバルネットワークに属しています。在外ドイツ商工会議所は、ドイツ経済にとって重要な全ての国々において、ドイツ企業はじめ世界の企業に、経験と人脈、サービスを提供しています。在外ドイツ商工会議所の活動は、ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)により助成されています。

在外ドイツ商工会議所ウェブサイト(英語)